カフリンクス

2020/07/13

カフスボタン(カフスボタン)は古代ギリシャで生まれたと言われています。 14世紀から17世紀にかけて、ゴシック・ルネサンスからバロック時代まで、ヨーロッパで人気のメンズ・ドレス・アートの1つであるはずです。おそらく指輪に加えて、上品な男性にとっては、カフリンクスは最も小さな装飾です。素材はほとんどが貴金属であり、中にはダイヤモンドや宝石などがちりばめられているため、誕生以来貴族の光輪を身に着けており、カフスボタンは男性の味を測定する唯一のアイテムとなっています。 、すべてを使用することは人間の知識です。


バロック時代、ヨーロッパで最も人気のある男性のドレスアートの1つ。おそらく指輪に加えて、上品な男性にとっては、カフリンクスは最も小さな装飾です。素材はほとんどが貴金属であり、中にはダイヤモンドや宝石などがちりばめられているため、誕生以来貴族の光輪を身に着けており、カフスボタンは男性の味を測定する唯一のアイテムとなっています。 、すべてを使用することは人間の知識です。

カフスボタンはシャツやスーツの袖の襟を巻き上げて締め付ける必要があります。このとき、袖は平らになり、袖がゆるいときだけカフスボタンが必要になります。それらのほとんどはスーツを着たビジネスの機会で使用されています。ビジネスウェアのアクセサリーのひとつ。


袖口はシャツの重要なディスプレイ部分になり、1530年以降は防寒を目的として徐々に存在するようになりました。その時、袖のしっぽを逆さにしたり(フレンチダブルスタックの原型)、または別の布を取り付けたり、手首をロープでつないだりしました(このロープは後に親戚に発展しました)カフスボタンのカフリンク)、カフスのようにフロント部分が花のように広がり、素材や色の違いでとても綺麗になります。


当時のファッションから判断すると、このような美しい袖口を隠すことは倫理的ではなかったので、袖口は上着から数センチのところに配置され、美しい袖口が十分に表示されました。そして、スーツとシャツが合わさると、シャツの着用ルールも守られ、長期的にはスーツ着用の重要なルールとなりました。袖口が露出して綺麗な袖口なので、現代のシャツによくあるボタンシャツを見せなくてはいけませんか?はい、カフリンクが使用されている場合にのみ、カフがスーツを明らかにし、すべての種類の美しいカフリンクをすべての人に示す必要があります。